普通の炭よりメディカーボンが優れているのを証明するために、よく表面積という言葉をつかいます。結構耳慣れない言葉ですよね。

部屋をイメージして簡単に説明すると

面積=床の面積

表面積=床、壁、天井含めた立体の面積

となります。
炭は立体的な穴がたくさんあいていることがしられています。

ゆえに穴の面積ではなく、立体的な穴の面積=表面積で表すことが多いのです。

表面積が大きいというのは、立体的な穴が沢山あいている=お部屋がいっぱいあるというイメージになります。

そして、メディカーボンは、、、、

1gあたりの表面積が《備長炭の4倍》もあります。

炭の4倍ではなく、グレードの高い備長炭の4倍です!!
1gあたりの表面積ランキングでいうと

a炭の粉末<b炭<c備長炭<dメディカーボン

になります。

※通常の炭繊維は炭の粉末をまぜているだけなのでaになります。また竹炭の粉を混ぜているものもaになります。

メディカーボンのHPはこちらです。

0 comments on “表面積って?

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。